FC2ブログ

Yahooショッピング

楽天

FC2ID登録・ポイント購入方法・問い合わせ

ブロマガ購入にはFC2ID(無料)に登録していただき、クレジットカードでのお支払いまたはFC2ポイント(銀行振込等)を購入する必要があります。

FC2ID登録 FC2ポイント購入方法はこちらをご覧ください

ドラフトを前に現有戦力から見たスワローズの補強ポイント


シーズンが終わり、日本シリーズへ出場するチーム以外は、来季へと動き出している。
その中で最も大きな戦力補強の場がドラフト会議だ。
スワローズは、ドラフト1位を数人の候補に絞った中、今朝の報道では橿渕スカウトグループデスクが「逃げずにいい選手を獲ろうと確認した」と留めたが、大阪桐蔭高校の根尾昂内野手が第一候補とメディアは報道。
それを裏付けるように、
<続きはブロマガで>

下の2つバナーはランキングサイトです。
「読んだよ」の合図に3つのクリック、忙しければひとつしてからのお帰りをお願いします!レビュー募集中!読者の方の感想を書くスペースがあります。文字数は少なくても構いません。宣伝にご協力お願いいたします^^こちらをクリック
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

起用しないことを選択した意図



パリーグのクライマックスシリーズは、2位ホークスが3勝2敗と王手を掛け、まだ明日以降も熱戦が続く。
そんな中、セリーグはカープが3連勝とジャイアンツを圧倒。
アドバンテージも含め、負けなしで日本シリーズへ向かうことになった。
その戦いについて、スワローズの元コーチで現在評論家の伊勢孝夫氏が、ファイナルステージで菅野の登板がなかったことに触れていた。
クライマックスシリーズ1st2戦目、スワローズをノーヒットノーランで抑え込み、2位でありながら敗退させた菅野。
「大エースが投げない」ことへの不満を伊勢氏は書いていたが、・・・
<続きはブロマガで>

下の2つバナーはランキングサイトです。
「読んだよ」の合図に3つのクリック、忙しければひとつしてからのお帰りをお願いします!レビュー募集中!読者の方の感想を書くスペースがあります。文字数は少なくても構いません。宣伝にご協力お願いいたします^^こちらをクリック
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

2018年シーズン閉幕…スワローズ観察日記Rもオフ企画に突入します。

2018年シーズン、「スワローズ観察日記R」をご購読いただきありがとうございました。
と、先日ご挨拶をしたばかりですが、日本シリーズはともかくファイナルは…と甘い考えがあったため、ご挨拶が連続することご容赦ください。

残念ながらスワローズは、クライマックスシリーズ・ファーストステージでジャイアンツに敗れ、・・・
<続きはブロマガで>

下の2つバナーはランキングサイトです。
「読んだよ」の合図に3つのクリック、忙しければひとつしてからのお帰りをお願いします!レビュー募集中!読者の方の感想を書くスペースがあります。文字数は少なくても構いません。宣伝にご協力お願いいたします^^こちらをクリック
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

~想い出の選手たち~#8武内晋一

期待を裏切ったのではない。
期待に応えようとしたために、自らの野球人生が狂ったような選手だった。

高校生としては抜けた打力、黄金期の早稲田の主軸、そしてドラフト1位…。
ファンの期待が高まるのは当然だった。
ただ球団とファンが求めたものと、もともと持っていた彼の打撃スタイルにはズレがあった。

本来の彼の打撃は、ラインドライブ。
センターを中心に広角へ打ち返すものだった。
しかしチームが求めたのは長距離砲。
背番号8はその期待の象徴だった。

それでも自分のスタイルを貫けば良かったのかもしれない。
ただ彼はスタイルより期待に応えようとした。
ライバルが外国人選手となることの多いファーストというポジションがそうさせたのか?
いや、彼の性格なのだろう。

なんとか打球を飛ばすスタイルを身につけようと、胸板は厚くなっていき、スイングは毎年のように変わった。
期待は落胆となり、グラウンドでスタンドからの罵声を浴びることもあった。
それでもそんなファンの声に言い返すのではなく、求めるスタイルに応えようとした。

しかし期待通りだったところもあった。
ファーストの守りだ。
「捕っていればいい」ファーストをそういう人がいる。
そんな簡単なものではない。
ゴロを捕り、すぐに投げる野手の球は微妙に変化することが多い。
それをいとも簡単に、ハーフバウンドさえも容易く彼は処理した。
ただファーストの守りが注目されることは少ない。
やはり打つことでアピールしようと、13年間彼は苦しんだ。

引退を覚悟しながら臨んだ2018年。
見た目にも細くなった身体で、練習試合一発を放った。
今季は違う、そう思わせるような打撃だった。
しかし13年間いじめ続けたことが、年齢が、故障を起こし彼を追い詰めた。

それでもCS争いの中、弾丸ライナーの一発を放ち、チームを奇跡的な逆転に導いた。
自信のあった守りのミスの4日後だった。
次の日には、狙っても打てないような内野安打を放った。
それもチームの逆転のきっかけとなった。
自分の一打をきっかけにベンチで見せた彼の笑顔は、これまでに見たこともないようなものだった。
もしかすると、この時期にはすでに引退を決めていたのかもしれない。

守備の名手として彼はスワローズに足跡を残した。
現役時代の22本塁打は、期待通りではなかったかもしれない。
しかしそのどれもが美しい弾道を描いてスタンドへ飛び込んでいった。

有終の美、数字だけならそうは言えないかもしれない。
ただ彼の一打が大逆転を生んだのは、偶然とは思えない。
成績ではない、選手会長としての人望、彼の仕事を意味のあるものにしようとした他の選手の想いだったように感じる。
2018年14打数4安打1本塁打3打点。
平凡ともいえない数字だ。
しかし中身の濃い打席が多かった。


現役最後の試合は、5番ファーストでのスタメン。
4打席目のセカンドゴロ。
彼が最も輝いた甲子園で、大事に守ったファーストベースへ向かって全力疾走した。

彼なりに全力を尽くしたプロ野球人生。
その終わり方への思いは、彼の胸の中にしかない。
全力疾走の姿で見せた、彼の野球への真摯な向き合い方は、最後の凡打にあった。
思い出せないようなセカンドゴロでの1塁への全力疾走。
華やかな入団と静かな去り際。
それが彼の選んだ引退試合だった。

下の2つバナーはランキングサイトです。
「読んだよ」の合図に2つのクリック、忙しければひとつしてからのお帰りをお願いします!レビュー募集中!読者の方の感想を書くスペースがあります。文字数は少なくても構いません。宣伝にご協力お願いいたします^^こちらをクリック

 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

~想い出の選手たち~#7 #67 田中浩康

彼のプレーを見ると、なぜか切なさを感じた。
セカンドの名手だった。
だが上手い選手ではあったが、華麗なプレーをするタイプではなかった。
経歴を見れば、エリートコースだ。
ただ彼のプレーは泥臭かった。

チームへの思いを感じる選手だった。
それが消極的なプレーに映ることがあった。
本来はもっと能力の高い選手だったように思える。
瞬間的な打球への反応、打つしかない追い詰められた場面での巧打に、それが垣間見られた。

しかし彼はチームへの献身を選んだ。
たとえ消極的なプレーに見えても、そこには「チームのため」という思いが込められていた。
犠打の数302が、そこに表れている。

神宮ではファンも大切にする選手だった。
こぶし球場からクラブハウスに移動する自転車、ファンの前でスピードを緩め、声をかけやすくし、サインに出来るだけ応えようとする姿を何度も見た。

彼が自分の野球選手としてのスタイルとして選んだのは、貢献よりも献身だった。
それに苦言を呈する人もいた。
ただ彼はそれを貫いた。
チームを愛し、迷惑を掛けることを拒んだ。

用意すると言われた引退試合、CS争うチームへの配慮からやはり彼は拒んだ。
外様だからではない。
それが貫き通した彼の野球道だからなのだろう。

一人の天才の登場で、グラウンドからベンチにポジションが映っても腐らず、泥にまみれて練習し、いつチャンスが来ても出来るように準備を欠かさなかった。
勝負を挑み、敗れ、移籍してもそのスタイルは変わらなかった。

腐ることのない姿。
我を通すよりチームのためのプレースタイル。
そのすべてはファンの記憶の中で愛され続けている。
チームへの献身。
ファンへの感謝。
彼の能力が野球ですべて活かされたとは思えない。
ただ彼の思いは、グラウンドで、神宮で、横浜で表現された。

我慢と悔しさの連続した野球人生だったかもしれない。
それでも彼は自分の貫いたプロ野球選手としてのスタイルには、悔いを残していないだろう。
そんなもんじゃないだろう…という切なさを感じさせるプレー。
チームへの献身を果たすことへの執念に似た姿。
相反する視線を受けながら、それでも愛され続けた不思議さをもつ、堅実で泥臭いプレーヤーだった。

下の2つバナーはランキングサイトです。
「読んだよ」の合図に2つのクリック、忙しければひとつしてからのお帰りをお願いします!レビュー募集中!読者の方の感想を書くスペースがあります。文字数は少なくても構いません。宣伝にご協力お願いいたします^^こちらをクリック

 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

Template Designed by DW99