FC2ブログ

Yahooショッピング

楽天

FC2ID登録・ポイント購入方法・問い合わせ

ブロマガ購入にはFC2ID(無料)に登録していただき、クレジットカードでのお支払いまたはFC2ポイント(銀行振込等)を購入する必要があります。

FC2ID登録 FC2ポイント購入方法はこちらをご覧ください

2014年セリーグ他球団展望~カープ~

CS制度導入後、初のAクラスそしてファイナルに進んだカープ。
ジャイアンツ以外は抜けた存在がない中で、唯一上がり目を感じされるチームだ。

まずは投手陣。
エースの存在感という意味ではリーグ屈指の前田健太がいる。
今季オフメジャー移籍が確実で、優勝を置き土産にアメリカへ渡る想いは強くモチベーションの高さを感じさせる。
その後に続くのが野村、バリントン。
バリントンは年々安定感を失くした感はあるが、昨年も11勝。
そして野村も前半戦は苦しんだが、12勝と3本柱として十分に機能した。
ただ昨年はここに大竹がいて、チームは5割に届かなかった。
優勝争いに加わり、ジャイアンツを破るには、大竹の穴に加え、さらに底上げが必要。
その期待を背負うのは大瀬良、九里のルーキー、再び先発転向の福井、なかなか伸びてこない今井といった面々。
この辺りに計算を求めるのは酷だが、逆に大瀬良、九里には大化けの可能性がある。
3本柱は“中5日”で先発とやや変則ローテーションとなるが、それを守れば実績のない投手たちの負担が減り、化ける可能性を高めるかもしれない。

ただその中5日の負担を強いる3本柱を支える中継ぎにやや不安がある。
今村が不調で勝ちパターンの継投は、横山、永川そして先発、中継ぎの併用も考えられる久本。
この3人が一年を通して稼働するというのは考えにくい。
とくに横山はルーズショルダーを抱えるため、休養をさせながらとなりそうだ。
そうなるとやはり今村の復活が必要。
上手くかみ合わなければ、先発を引っ張らなければならなくなり、継投が難しくなっていく。
抑えもミコライオ頼みとなり、先発と較べると層は薄い。
今村の復調、経験のある永川がカギとなる。

野手陣は昨年の開幕時よりも数段上といっていいだろう。
キラが入ったことで、中心が決まった。
しかしなんといってもここの売りは1,2番。
盗塁数、本塁打ともに二桁の丸、菊池が大きい。
守りでも中心となっているふたりだけに、他が欠けてもここが崩れると一気に打線として機能しなくなる可能性がある。
1番から6番まではどこからでも一発が出る打線。
確実性はやや欠けるものの、極端に安定感がない選手もいない。
控えにも一発のある岩本、そして梵のカバーとなりそうなルーキー田中がいる。
このふたりの場合はスタメン起用も可能となる。
廣瀬、栗原といったベテランふたりの出遅れはあるものの、木村や中東といった職人タイプの控えがいるだけに、一軍メンバーに層の薄さは感じられない。

ただし投手、野手も含め、余裕がなくそれぞれが一年やらなければ厳しい。
不可能に近いが、ベンチ入りするであろう選手たちの故障がほぼない状態ならペナントを取る可能性すら感じさせる。


下の3つバナーはランキングサイトです。
「読んだよ」の合図に3つのクリック、忙しければひとつしてからのお帰りをお願いします

 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村←この文字をクリック


blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ

神宮炎上オープン戦閉幕 スワローズ1-5マリーンズ~神宮OP戦~

ブロマガシステムに関して、トラブル問い合わせはこちらまで
ブロマガ お問い合せフォーム

こちらもお読みください。記事更新メールについて

クレジット決済以外にもFC2ポイント購入によりブロマガを購読できます。

お支払いについて
ご購入されたユーザーの情報は、ブロマガ作者に通知されることはありません。
クレジットカードまたはFC2ポイントにてお支払いが可能です。
FC2ポイントは、コンビニ決済※(電子マネー決済)、銀行振込み、銀行ATM・オンラインバンキング(ペイジー決済)から、お支払いをお選びいただけます。

FCポイント購入方法

※セブン-イレブン、「Loppi」のあるローソン、「Famiポート」のあるファミリーマート、サークルKサンクス、デイリーヤマザキ、
ヤマザキデイリーストアー、ミニストップ、スリーエフ、セイコーマート(現金でのお支払いのみ)
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

這いつくばって這い上がる? スワローズ1-6マリーンズ~神宮OP戦~

ブロマガシステムに関して、トラブル問い合わせはこちらまで
ブロマガ お問い合せフォーム

こちらもお読みください。記事更新メールについて

クレジット決済以外にもFC2ポイント購入によりブロマガを購読できます。

お支払いについて
ご購入されたユーザーの情報は、ブロマガ作者に通知されることはありません。
クレジットカードまたはFC2ポイントにてお支払いが可能です。
FC2ポイントは、コンビニ決済※(電子マネー決済)、銀行振込み、銀行ATM・オンラインバンキング(ペイジー決済)から、お支払いをお選びいただけます。

FCポイント購入方法

※セブン-イレブン、「Loppi」のあるローソン、「Famiポート」のあるファミリーマート、サークルKサンクス、デイリーヤマザキ、
ヤマザキデイリーストアー、ミニストップ、スリーエフ、セイコーマート(現金でのお支払いのみ)
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

流れない打線は得点を生まない スワローズ4-5ファイターズ~神宮OP戦~

ブロマガシステムに関して、トラブル問い合わせはこちらまで
ブロマガ お問い合せフォーム

こちらもお読みください。記事更新メールについて

クレジット決済以外にもFC2ポイント購入によりブロマガを購読できます。

お支払いについて
ご購入されたユーザーの情報は、ブロマガ作者に通知されることはありません。
クレジットカードまたはFC2ポイントにてお支払いが可能です。
FC2ポイントは、コンビニ決済※(電子マネー決済)、銀行振込み、銀行ATM・オンラインバンキング(ペイジー決済)から、お支払いをお選びいただけます。

FCポイント購入方法

※セブン-イレブン、「Loppi」のあるローソン、「Famiポート」のあるファミリーマート、サークルKサンクス、デイリーヤマザキ、
ヤマザキデイリーストアー、ミニストップ、スリーエフ、セイコーマート(現金でのお支払いのみ)
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

2014年セリーグ他球団展望~タイガース~

今季も積極的にFA戦線に乗り込んだタイガースだが、そこは負け。
補強は外国人の4番候補ゴメス、抑えの呉昇桓のふたり。
他はジャイアンツ以上に固定メンバーということになりそうだ。

投手陣を見ると、かなり厳しい見方となる。
とくに先発からイニングを稼げるスタンリッジが抜けた。
能見、メッセンジャーにルーキーイヤーいきなり10勝を挙げた藤浪が3本柱と予想されるが、その後が苦しい。
候補としては榎田、秋山、岩田といった面々となるが、この3人でスタンリッジの穴を埋められるかとなると疑問。
中継ぎが想定されている岩本、他に小嶋、鶴、白仁田辺りの中堅、若手が先発に喰い込んでほしいところだろう。

先発が苦しくなるのを覚悟で獲得した呉昇桓。
韓国での実績は十分だが、藤川の再来とはいえそうにない。
たしかに球は速く重そうだが、低めへ集まる確率が低そう。
アジア圏から来たクローザーでは近年なら林昌勇が比較になるが、球速は同程度でもサイドから“動くストレート”を投げていた林程ではないと見る。
おそらく9回に上がるのだろうが、その打順がたとえば下位の非力な打者であれば抑えられるかもしれないが、ジャイアンツの中軸、ストレート系に強い打者、スワローズで言えばバレンティンとの力勝負ではどうかと思う。
また“ボーク”ではと言われた足の使い方だが、走者を塁に置いた場合も同じような投法。
クイックは上手とは言えず、足での揺さぶりを他球団は仕掛けてくるだろう。
全く通用しないとは思わないが、30S以上というのは厳しいかもしれない。
ただそれでも昨年は福原や安藤といったベテラン頼みだったことを考えれば上積みともいえる。

打線は足を使え、長打力、出塁率を兼ね備えた鳥谷1番構想を描いているようだ。
そこから大和、現在背中の痛みから欠場している西岡が3番という上位打線。
全試合出場が難しい西岡の控えは上本となるのだろうが、その場合は3番に鳥谷が戻る形と実績のある選手がいながら上位が固まらない。
しかし問題は4番ゴメス。
一昨年の映像を見たが、これなら“やれる”と思うだろう。
それぐらい癖のないフォームから、内外高低関係なくヒットしている。
もちろんパワーは当然で、ラミレス、バレンティンクラスという前評判も嘘ではなかったはずだ。
ただ昨年の3Aでの数字、29本塁打はともかく、それまで3割を超していた打率が2割5分を切るところまで落ちている。
ウインターリーグでのフォームも下半身がぐらつき、以前の姿になかった。
膝の痛みで出遅れていたが、下半身に故障を抱えているのかもしれない。
もしそこが万全であれば、十分4番が務まる打者。
調整遅れから4月は低空飛行かもしれないが、夏場には打ちだすように思う。
問題はそこまで首脳陣が我慢できるかどうかだ。

数字だけを見るともっと勝ち星を乗せてもいいタイガース。
毎年そういう数字が並んでいる。
生え抜きが極端に少なくチームとして機能していないことが関わっているのかもしれない。
昨年のマートンの乱闘の際にもかばうことをせず淡々としていた和田監督に求心力を感じることもできず、出だしで躓けばバラバラになる危険性を持つ。
逆に走れば、昨年のように粘り込みもあるだろう。
実績を持つ選手が多い割には、読みにくいチームである。
下の3つバナーはランキングサイトです。
「読んだよ」の合図に3つのクリック、忙しければひとつしてからのお帰りをお願いします

 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村←この文字をクリック


blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ

Template Designed by DW99