FC2ブログ

Yahooショッピング

楽天

FC2ID登録・ポイント購入方法・問い合わせ

ブロマガ購入にはFC2ID(無料)に登録していただき、クレジットカードでのお支払いまたはFC2ポイント(銀行振込等)を購入する必要があります。

FC2ID登録 FC2ポイント購入方法はこちらをご覧ください

迷いの中でシーズンを終えた天才 #5川端慎吾~2016スカウティングレポート~

「打撃の基本はセンター返し」と教えられた。
プロも変わらず、相手投手の出来が良いときは「ピッチャーの足元を狙って」という解説者の言葉が聞かれる。
しかし日本の野球選手の最高峰、それも一流の技術を持つ選手となると、すべてに当てはまるわけではない。
得点圏打率は高いものの、川端の殊勲打点回数は山田、バレンティンの1/3以下。
打順の関係があるとはいえ、あまりに寂しい数字だ。
これが関係しているかどうかわからないが、川端はチャンスの時にセンターを意識しているように見える。
ただ川端という打者の特徴は、「引っ張る」「押っ付けて逆」の時に良さが出る。
方向別の打率を見ても、ライト方向が4割を超え、左方向も3割をマークしているものの、センター方向へのヒットは.260ほどでしかない。
左右に決め打ちをしたときに良い結果が出る選手なのだ。
特に持ち味が出るのは、引っ張ったとき。
それを見失ったシーズンだった。

103試合-458打席㉕打数420㉓127安打⑰22二塁打⑰1三塁打㉗本塁打1-32打点-31三振-34四球㉕1死球-犠打1-犠飛2㉘3盗塁-出塁率.354⑮得点圏.301⑪併殺13⑤
殊勲得点値.266⑥

対戦別・・・
<続きはブロマガで>
下の3つバナーはランキングサイトです。
「読んだよ」の合図に3つのクリック、忙しければひとつしてからのお帰りをお願いします

 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村←この文字をクリック


blogram投票ボタン



人気ブログランキングへ
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

COCOにはスワローズのユニフォームが似合う #4ウラディミール・バレンティン~2016年スカウティングレポート~

シーズン60本塁打があまりに鮮烈だったバレンティン。
その年の成績を思えば、今季の数字は物足りないものだろう。
しかし打率.269は、ほぼ欠場が続いた15年を除き、来日初年度の次に低いが、打点は60本塁打した13年の131に次いで2番目に多い数字。
スワローズ観察日記Rの打者評価基準である殊勲得点値の打点率はチームトップ、総合でも山田に次いで2位に位置している。
来日6年、それも記録保持者となれば、相当な研究をされているのは明らかで、その中での工夫もみられている。
今季の不調は故障のブランクも影響あったのだろう。
なにより読みで打つバレンティンにとって、昨年15試合しか出れなかったのは大きく響いたように思える。

132試合⑯537打席⑬打数457⑰123安打⑳20二塁打㉑0三塁打-本塁打31④96打点④116三振③72四球⑦3死球㉗犠打0-犠飛5⑥0盗塁-出塁率.369⑨得点圏.253㉑併殺19②
殊勲得点値.449①

対戦別・・・
<続きはブロマガで>
下の3つバナーはランキングサイトです。
「読んだよ」の合図に3つのクリック、忙しければひとつしてからのお帰りをお願いします

 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村←この文字をクリック


blogram投票ボタン



人気ブログランキングへ
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

凄みと弱みを見せたシーズン#1山田哲人~2016年スカウティングレポート~

山田にとって、初めての感覚を持ったシーズンだったかもしれない。
13年は最下位に沈んだものの、山田個人としてはレギュラーを確定させるシーズン、必死だったはずだ。
それが日本人右打者最多の193安打を記録へと繋がった。
そして昨年は、目標としていたトリプルスリー達成、チームもリーグ制覇を果たし、最後まで緊張感が切れることのないシーズンを送れた。
しかし今季、チームは低迷、自身はトリプルスリーをほぼシーズン途中で確定させたものの、死球を受け欠場。
これにより三冠王+盗塁王という前代未聞の記録という目標が途絶えた。
.340→.323→.346→.333とハイレベルに安定していた成績が、8月.271、9月.154と下降。
これは、死球による体調面だけでなく、すべてにおいて目標を失ったことが原因だと思われる。
結果前人未到の記録を残しながら後半の失速が印象が薄くし、何か物足りない印象を与えたのも事実。
ただこれは山田に求めるものが大きいからであって、これまで自身も含め10人しか達成していなかったトリプルスリーを史上初2年連続達成、3年連続3割、2年連続100打点30盗塁以上。
「3年やってこそレギュラー」と言い続けたその3年目を、苦しみながらも成績を残したのは立派の一言だ。

133試合⑬590打席⑦打数481⑬146安打⑫26二塁打⑧3三塁打⑩本塁打38②102打点②101三振⑩97四球①8死球④犠打0-犠飛4⑨30盗塁①出塁率.425③得点圏.299⑬併殺16③
殊勲得点値.497①
盗塁王 ベストナイン コミッショナー特別表彰(2年連続トリプルスリー)

対戦別・・・
<続きはブロマガで>
下の3つバナーはランキングサイトです。
「読んだよ」の合図に3つのクリック、忙しければひとつしてからのお帰りをお願いします

 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村←この文字をクリック


blogram投票ボタン



人気ブログランキングへ
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

Template Designed by DW99