FC2ブログ

Yahooショッピング

楽天

FC2ID登録・ポイント購入方法・問い合わせ

ブロマガ購入にはFC2ID(無料)に登録していただき、クレジットカードでのお支払いまたはFC2ポイント(銀行振込等)を購入する必要があります。

FC2ID登録 FC2ポイント購入方法はこちらをご覧ください

守る側にあるアドバンテージ

野球というスポーツは、守る方が有利に作られている。



たとえば投手はストライク3つでアウトをひとつ取れる。

そしてボールは4つ重ならなければ、塁を与えることはない。

投手の四球が良くないといわれるのは、投げる前から有利な状況にありながら、出してしまうことが理由となっているのだろう。



打者は「ファーストストライクを打って行け」と言われるが、それは単に「甘い球が来る」というだけでなく、ひとつストライクを取られてしまうと、それはすでに追い込まれていることになるからだ。



以前現役時代の古田捕手が「カウント1-1と作るようリードしている」と言っていた。

これは1-1という状態でも、投手側が有利ということを語っているのではないだろうか。



また塁もそうである。

攻撃側は3つのアウトを取られるまでに、4つ進塁しなければ得点にはならない。

たとえノーアウトで1塁にランナーを出しても、そこからひとつずつアウトを重ねていけば、本塁までは届かないわけだ。



ただ守り有利な状況をひっくり返してしまう一打が攻撃にはある。

それが本塁打だ。

外野手の頭の上を超え、スタンドへボールが飛び込んでしまえば、守る側は打つ手を失い得点を奪われてしまう。



しかし特定のチームを除けば、本塁打を30本打つ選手がチームにひとりいればいい方。

そのために、チームの指揮官はそれぞれ策を練る。



よくある策に、ランナーが1塁に出たらバントというものがある。

これは一見効果的に見えるが、最初に上げた3と4の関係に当てはめれば、これで攻撃と守備がタイになったとしかいえない。

守る側はひとつ進むごとにアウトを重ねれば、得点は奪われないようになっているからだ。

もっともリスクのない策ではある。

しかし打者の打率が3割あれば一流と言われる野球というスポーツでは、得点確率が少し上がるという程度のものだろう。

もちろん場面によっては、有効な策ではあるのだが、アウトを与えての見返りがひとつでは割に合わない戦法だ。



そのため得点力をより上げようとすれば、機動力を使うということになる。



今季の交流戦もパリーグのチームが優勝することが決まった。

セリーグは例年以上に、やられたといっていい。

もちろん投手力が良いというのもある。

先日このコラムで挙げた守備率もあるだろう。

しかしセとパでは、走塁への意識というものが根本的に違うと思われる。



わかりやすい数字で言えば盗塁がまず挙げられる。

セリーグの盗塁トップは梵の21。

一方パリーグは、梵と同じ21走っている川崎がリーグ4位。

その上に29の本多、28の片岡、25の荻野がいる。

荻野に至っては、出場45試合とフル出場もしていない選手だ。



もちろん機動力というのは盗塁だけではない。

攻撃のプレーの中でもっともスリリングと言われる3塁打。

パリーグでは西岡の8を筆頭に61本出ている。

セリーグは内川の4が最高で47本だ。

球場の広さが違うとはいえ、楽々の3塁打はそれほどあるものではない。

ちなみにセリーグの本塁打は325でパリーグは335。

試合消化は開幕が早かった分パリーグの方が2~4試合ほど多いから、この数字はほぼ同じと言えるだろう。

しかし長打率が4割を超えているのは、セリーグで24人、パリーグは28人いる。

リスクを顧みず、ひとつでも多くの塁をという意識がこの差を生んでいるのではないだろうか。



先日ホークス対スワローズ戦で、川崎が盗塁を失敗した後、本多が出塁し盗塁を決めたことがあった。

失敗のすぐ後に、敢行するだけでも難しい中での成功だった。

今日のイーグルス対スワローズ戦でも、ベテラン山崎が飯原がライト線の当たりを安全にさばこうとするのを見て、当然のように2塁を陥れた。



パリーグは好投手が多く、球場は広く、本塁打も本来の長距離砲以外はそれほど出るものではない。

そうなればセオリー通りの野球では、勝つことが難しくなる。

リスクを負ってでも、一つの塁を奪わなければならず、それを防ぐための守備力も向上する。



交流戦でパリーグの強さが年々増しているのは、豪快さと緻密さを交えた野球が完成度を高めている証明なのではないだろうか。

※この記事は2010年6月に書かれたものです。

下の3つバナーはランキングサイトです。
応援のクリックをお願いいたします。
  ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村
文字をクリック



人気ブログランキングへ




blogram投票ボタン


関連記事
スポンサーサイト



この記事のトラックバックURL

https://ryokouno.blog.fc2.com/tb.php/1200-108203ed

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99