FC2ブログ

Yahooショッピング

楽天

FC2ID登録・ポイント購入方法・問い合わせ

ブロマガ購入にはFC2ID(無料)に登録していただき、クレジットカードでのお支払いまたはFC2ポイント(銀行振込等)を購入する必要があります。

FC2ID登録 FC2ポイント購入方法はこちらをご覧ください

育った球場にでる特徴

「三つ子の魂百まで」という言葉がある。
生まれもった性格は変わるものではないという文意だが、これは野球にも当てはまるようだ。

毎年シーズン前に出る選手名鑑。
その中の一冊に、打者の得意ゾーンが示されているものがあった。
そこで以前から気になっていたことを調べてみた。
選手はその育った球場によって、得意不得意が出るのではないか?ということだ。

タイガース最強の助っ人といわれるランディーバース。
バースは三冠王を獲得したスラッガーだが、来日当初は完全なプルヒッターだったといわれている。
しかし甲子園には強烈な浜風が吹き、左打者のバースが引っ張ってもライトフェンスを越えることは少ない。
また強打者だけに内側を攻められることが少ないことから、バースは流し打ちを覚えた。
そのレフトへのホームランの量産が、翌年以降の成績につながったと思われる。

同じように三冠王と獲得した落合現ドラゴンズ監督は、ロッテ時代狭い川崎球場でもとくに狭い右中間スタンドを狙って打っていたと言われている。
もちろん高い金網を超えるために、わざとフライを上げるような打ち方をしていたようだ。

高い技術を持ったいたバース、落合の両三冠王は、そのホームグランドの特徴を存分に生かしたと言っていいだろう。

ここまで特徴的ではないが、やや傾向のあらわれている選手を挙げてみる。
浜風が強い甲子園でプロ生活をスタートさせ今や主力となった鳥谷。彼の得意コースはやはり外角によっている。
改修が済み、以前より浜風の影響が少なくなった甲子園球場だが、鳥谷が入団した頃はまだ広いうえにライトへの打球が伸びない球場だった。
その中で鳥谷は、自然とその球場にあう打撃を身につけていったのだろう。
他にもタイガースは右打者はインコース、左はアウトコースにツボを持つ選手が他にも多くいる。

これは他のチームにも当てはまり、たとえばセリーグだとフェンスの高い球場をホームにしているジャイアンツ、ベイスターズ、ドラゴンズの選手は高めに強い打者が多い。
高いフェンスを越えるには打球に角度が必要、高めを叩いたほうが上がりやすいのは当然のことだ。
これはパリーグでも同じで、ホークス、ファイターズ、バファローズの選手もやはり高めが得意な選手が多くなる。
逆にスワローズ、カープはローボールヒッターが揃う。
これはライナーでも芯でとらえれば、フェンスを越える打球になるからというのが理由ではないだろうか。
ただやはりローボールヒッターはよほどのパワーがない限り、本数を増やすことができない。
とくに全球団のホームグランドが広めのパリーグに較べて、東京ドーム、横浜スタジアムを狭い球場が残るセリーグの方が特徴的だ。
この二つの球場では、角度がでないとフェンスを越えない。
低めをすくい上げてフェンスオーバーできるパワーがある選手は別だが、ローボールヒッターには不利な条件が揃っているといえるだろう。

そんな中おもしろい特徴を見せているのがタイガースの新井だ。
新井のツボは、外角高めと真ん中低め。
甲子園に合うスタイルではない。
彼のスタイルが作られたのは、広島市民球場だったという影響なのだろう。

広島球場は極端にせまい球場だった。
ここなら低めも高めもコースもない。
とにかく外野に上げれば、フェンス越えの可能性は高くなる。
そのグランドをホームにするカープ時代、新井はホームラン王を獲得した。
そこでできた打撃が、広い甲子園を本拠とする甲子園で、違った形となって結果を出している。
それは犠飛だ。

長打を捨てた移籍一年目を除いて、昨年は7本で金本に続く2位。
今季も4本で2位につけている。
犠牲フライというと簡単に思われるかもしれないが、プロの投手はノーアウト、1アウトで3塁にランナーを置いた場合、それを打たれまいという投球をする。
その中で打つには技術がいるはずだ。
新井は間違いなくその技術を持っている。
これはコース、高さ関係なく外野に飛ばせば本塁打になる可能性がもっとも高かった広島市民球場で、プロ野球選手新井が育ったこととは無関係ではないだろう。

※この記事は2010年7月に書かれたものです。

下の3つバナーはランキングサイトです。
応援のクリックをお願いいたします。
  ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村
文字をクリック



人気ブログランキングへ




blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト



この記事のトラックバックURL

https://ryokouno.blog.fc2.com/tb.php/1201-d8e9e070

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99