FC2ブログ

Yahooショッピング

楽天

FC2ID登録・ポイント購入方法・問い合わせ

ブロマガ購入にはFC2ID(無料)に登録していただき、クレジットカードでのお支払いまたはFC2ポイント(銀行振込等)を購入する必要があります。

FC2ID登録 FC2ポイント購入方法はこちらをご覧ください

近い将来のカープの柱

久しぶりに今村を見た。
緊張しているのかどうなのか、プロ初先発のマウンドでも、彼は甲子園のときと同じようにまったく表情を変えず、マツダスタジアムの中心に立っていた。

初回青木を打ち取った後、不運な当たりや味方のエラーでピンチを作り、畠山に満塁から一発を浴びプロの洗礼を浴びた。
2回もスワローズ打線につかまり、1点を失う。
今村のプロ初先発は2回で終わった。

しかし将来、カープの中心投手になるだろう可能性を感じた投球だった。
スワローズの由規のような球速はない。
イーグルスの田中のような切れのよいスライダーもない。
球速は130キロ台半ば。
それでもファームで経験を積み、同期で騒がれた雄星よりも先に一軍の先発マウンドを踏んだ。

その今村の投球には、一年目の由規や田中にはないものがあった。
簡単な言葉でいえば、投球センスというものなのだろう。

たとえば初回スワローズ田中の打席。
初球ストレートで見逃し、2球目スライダーで空振りを取り、0-2と追い込んだ。
ここから今村はしっかりとボール球、それも際どいところで誘っている。
結果的には2-2からスライダーを当てられ、ライト前ヒットとなったが、これは西日で見えなかった東出が捕れなかったもの。
内容的には打ち取ったものといえる。
またホワイトセルへの攻めも素晴らしかった。
初球ストレートが外れるものの、2球目にスライダーでファールを取り平行カウント。
3球目、4球目と石原の要求したインコースのストレートをきっちりボール気味に投げている。

このボール気味に投げるということを、意外とできない投手は多い。
とくにインコースを捕手が要求すると、若い投手ほど甘めに真ん中へ入っていく場面をよく見る。
「当ててはいけない」「甘くなってはいけない」という気持ちが逆に、球を真ん中に寄せてしまうのだろう。
しかし今村は、石原のインコース要求に対して、甘くなることなくボール気味に投げていた。
もちろんストライクとボールを出し入れしているというレベルまではいっていない。
ただ追い込んでからボールで勝負しようとしているのがありありと見えた。
自分の現状の球威、キレを考えてのことのように思う。
これは高卒ルーキーとしてはなかなかできることではないし、度胸があるという一言で済ませられるほど簡単なものでもない。
今村のストレートは130キロ台半ば、スライダーもプロの中ではまだ武器といえるほどではないだろう。
しかし球速がそれほど伸びなかったとしても、あとひとつふたつ使える変化球がでてくれば、カウントをもっと楽に整えることができるようになり、打者を投球術で牛耳るような気がする。

今日今村は、ストレートとスライダーしか投げていないように見えた。
たしかに5失点でノックアウトされた投球だった。
ただ今日打たれた4安打の内、追い込んでから打たれたのは、田中のラッキーヒットと川端のコースヒットだけ。
もちろん追い込めば投手有利なのは当たり前のこと。
しかし追い込んでから、甘くなることなく、打者が困惑するような際どい球を投げ続ける今村に、平成の怪物といわれた松坂や、由規、田中、前田健のようなタイプとは違う、球威やキレではない凄みを感じた。

近い将来、カープを前田健、大竹らとともに支えていく投手になると思われる。
関連記事
スポンサーサイト



この記事のトラックバックURL

https://ryokouno.blog.fc2.com/tb.php/1202-f312cee9

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99