FC2ブログ

Yahooショッピング

楽天

FC2ID登録・ポイント購入方法・問い合わせ

ブロマガ購入にはFC2ID(無料)に登録していただき、クレジットカードでのお支払いまたはFC2ポイント(銀行振込等)を購入する必要があります。

FC2ID登録 FC2ポイント購入方法はこちらをご覧ください

2014年セリーグ他球団展望~タイガース~

今季も積極的にFA戦線に乗り込んだタイガースだが、そこは負け。
補強は外国人の4番候補ゴメス、抑えの呉昇桓のふたり。
他はジャイアンツ以上に固定メンバーということになりそうだ。

投手陣を見ると、かなり厳しい見方となる。
とくに先発からイニングを稼げるスタンリッジが抜けた。
能見、メッセンジャーにルーキーイヤーいきなり10勝を挙げた藤浪が3本柱と予想されるが、その後が苦しい。
候補としては榎田、秋山、岩田といった面々となるが、この3人でスタンリッジの穴を埋められるかとなると疑問。
中継ぎが想定されている岩本、他に小嶋、鶴、白仁田辺りの中堅、若手が先発に喰い込んでほしいところだろう。

先発が苦しくなるのを覚悟で獲得した呉昇桓。
韓国での実績は十分だが、藤川の再来とはいえそうにない。
たしかに球は速く重そうだが、低めへ集まる確率が低そう。
アジア圏から来たクローザーでは近年なら林昌勇が比較になるが、球速は同程度でもサイドから“動くストレート”を投げていた林程ではないと見る。
おそらく9回に上がるのだろうが、その打順がたとえば下位の非力な打者であれば抑えられるかもしれないが、ジャイアンツの中軸、ストレート系に強い打者、スワローズで言えばバレンティンとの力勝負ではどうかと思う。
また“ボーク”ではと言われた足の使い方だが、走者を塁に置いた場合も同じような投法。
クイックは上手とは言えず、足での揺さぶりを他球団は仕掛けてくるだろう。
全く通用しないとは思わないが、30S以上というのは厳しいかもしれない。
ただそれでも昨年は福原や安藤といったベテラン頼みだったことを考えれば上積みともいえる。

打線は足を使え、長打力、出塁率を兼ね備えた鳥谷1番構想を描いているようだ。
そこから大和、現在背中の痛みから欠場している西岡が3番という上位打線。
全試合出場が難しい西岡の控えは上本となるのだろうが、その場合は3番に鳥谷が戻る形と実績のある選手がいながら上位が固まらない。
しかし問題は4番ゴメス。
一昨年の映像を見たが、これなら“やれる”と思うだろう。
それぐらい癖のないフォームから、内外高低関係なくヒットしている。
もちろんパワーは当然で、ラミレス、バレンティンクラスという前評判も嘘ではなかったはずだ。
ただ昨年の3Aでの数字、29本塁打はともかく、それまで3割を超していた打率が2割5分を切るところまで落ちている。
ウインターリーグでのフォームも下半身がぐらつき、以前の姿になかった。
膝の痛みで出遅れていたが、下半身に故障を抱えているのかもしれない。
もしそこが万全であれば、十分4番が務まる打者。
調整遅れから4月は低空飛行かもしれないが、夏場には打ちだすように思う。
問題はそこまで首脳陣が我慢できるかどうかだ。

数字だけを見るともっと勝ち星を乗せてもいいタイガース。
毎年そういう数字が並んでいる。
生え抜きが極端に少なくチームとして機能していないことが関わっているのかもしれない。
昨年のマートンの乱闘の際にもかばうことをせず淡々としていた和田監督に求心力を感じることもできず、出だしで躓けばバラバラになる危険性を持つ。
逆に走れば、昨年のように粘り込みもあるだろう。
実績を持つ選手が多い割には、読みにくいチームである。
下の3つバナーはランキングサイトです。
「読んだよ」の合図に3つのクリック、忙しければひとつしてからのお帰りをお願いします

 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村←この文字をクリック


blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



Template Designed by DW99