FC2ブログ

Yahooショッピング

楽天

FC2ID登録・ポイント購入方法・問い合わせ

ブロマガ購入にはFC2ID(無料)に登録していただき、クレジットカードでのお支払いまたはFC2ポイント(銀行振込等)を購入する必要があります。

FC2ID登録 FC2ポイント購入方法はこちらをご覧ください

2014年セリーグ他球団展望~カープ~

CS制度導入後、初のAクラスそしてファイナルに進んだカープ。
ジャイアンツ以外は抜けた存在がない中で、唯一上がり目を感じされるチームだ。

まずは投手陣。
エースの存在感という意味ではリーグ屈指の前田健太がいる。
今季オフメジャー移籍が確実で、優勝を置き土産にアメリカへ渡る想いは強くモチベーションの高さを感じさせる。
その後に続くのが野村、バリントン。
バリントンは年々安定感を失くした感はあるが、昨年も11勝。
そして野村も前半戦は苦しんだが、12勝と3本柱として十分に機能した。
ただ昨年はここに大竹がいて、チームは5割に届かなかった。
優勝争いに加わり、ジャイアンツを破るには、大竹の穴に加え、さらに底上げが必要。
その期待を背負うのは大瀬良、九里のルーキー、再び先発転向の福井、なかなか伸びてこない今井といった面々。
この辺りに計算を求めるのは酷だが、逆に大瀬良、九里には大化けの可能性がある。
3本柱は“中5日”で先発とやや変則ローテーションとなるが、それを守れば実績のない投手たちの負担が減り、化ける可能性を高めるかもしれない。

ただその中5日の負担を強いる3本柱を支える中継ぎにやや不安がある。
今村が不調で勝ちパターンの継投は、横山、永川そして先発、中継ぎの併用も考えられる久本。
この3人が一年を通して稼働するというのは考えにくい。
とくに横山はルーズショルダーを抱えるため、休養をさせながらとなりそうだ。
そうなるとやはり今村の復活が必要。
上手くかみ合わなければ、先発を引っ張らなければならなくなり、継投が難しくなっていく。
抑えもミコライオ頼みとなり、先発と較べると層は薄い。
今村の復調、経験のある永川がカギとなる。

野手陣は昨年の開幕時よりも数段上といっていいだろう。
キラが入ったことで、中心が決まった。
しかしなんといってもここの売りは1,2番。
盗塁数、本塁打ともに二桁の丸、菊池が大きい。
守りでも中心となっているふたりだけに、他が欠けてもここが崩れると一気に打線として機能しなくなる可能性がある。
1番から6番まではどこからでも一発が出る打線。
確実性はやや欠けるものの、極端に安定感がない選手もいない。
控えにも一発のある岩本、そして梵のカバーとなりそうなルーキー田中がいる。
このふたりの場合はスタメン起用も可能となる。
廣瀬、栗原といったベテランふたりの出遅れはあるものの、木村や中東といった職人タイプの控えがいるだけに、一軍メンバーに層の薄さは感じられない。

ただし投手、野手も含め、余裕がなくそれぞれが一年やらなければ厳しい。
不可能に近いが、ベンチ入りするであろう選手たちの故障がほぼない状態ならペナントを取る可能性すら感じさせる。


下の3つバナーはランキングサイトです。
「読んだよ」の合図に3つのクリック、忙しければひとつしてからのお帰りをお願いします

 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村←この文字をクリック


blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



Template Designed by DW99