FC2ブログ

Yahooショッピング

楽天

FC2ID登録・ポイント購入方法・問い合わせ

ブロマガ購入にはFC2ID(無料)に登録していただき、クレジットカードでのお支払いまたはFC2ポイント(銀行振込等)を購入する必要があります。

FC2ID登録 FC2ポイント購入方法はこちらをご覧ください

2014年セリーグ他球団展望~ドラゴンズ~

“試合巧者”数年前までスワローズもそう言われていた。
ドラゴンズもそれに当てはまるだろう。
しかし選手が入れ替わればチームも変わるのだ。

投手陣を見ると、“守り勝ってきたチーム”ドラゴンズの色が消えたのを感じる。
開幕投手は大野。
昨年10勝10敗と5分の投手がエース格として扱われる。
決してオフを通して状態が良く、奪ったわけではない。
押し出されるような開幕投手なのだから、大野を軸として回すというのは世代交代としか感じられない。
ローテーションのほかのメンバーを見ても、昨年二桁はなく、続くのがリリーフで投げていた岡田。
吉見が還ってくるまで、どうやって投手陣を回して行くのか。
評価の高い森コーチだが、いかに優秀な軍師といえども兵がいなければ動かしようがない。

その先発を支えるリリーフ陣も心もとない。
浅尾は球威や力だけでなく、技と頭脳を持った投手。
柱が抜けたリリーフ陣もどこまで稼働するか不透明だ。
ルーキーのサイドスロー又吉に期待をしなければならないのでは苦しい。
そして抑えの岩瀬。
昨年の成績だけを見れば、まだまだやれるといえそうだが、内容は全盛期とは較べものにならない。

先発、リリーフともにルーキーや計算外の若手が人数に組み込まれている。
これは昨年のスワローズと同様。
苦しいやりくりが続くだろう。

野手陣も世代交代が遅れたつけが回っているようだ。
試合巧者の代表格だった井端が移籍、荒木もスタメン落ちをしそうなメンバー。
4番の平田は能力があるのは知られているが、これから作る4番という印象はぬぐえない。
ルナは打率こそ高いものの長打力に欠け、チーム事情からエルナンデスが外国人枠に入る。
そうなると長打は和田、森野頼み。
また今季から兼任監督となる谷繁の後釜もまだまだ決まらない。
であれば谷繁マスクということになるが、数字ではっきり表れる打率が低いままスタメン起用を監督自らが選択できるか。
他の選手の目もあり、そう簡単なことではない。
複雑になった近代野球での兼任監督の難しさは、攻守に渡って最高レベルの捕手だった古田は証明している。
そのときのスワローズよりも、辻、森といった参謀格を入れている面で救われるが、それでも上手く行く可能性は低い。
外野の守備は相変わらず高いものの、センターラインは年々弱まっている。
攻守に柱のないチームだけに、どれだけ粘れるか。
明るい展望を持つことはできない。
下の3つバナーはランキングサイトです。
「読んだよ」の合図に3つのクリック、忙しければひとつしてからのお帰りをお願いします

 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村←この文字をクリック


blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



Template Designed by DW99