FC2ブログ

Yahooショッピング

楽天

FC2ID登録・ポイント購入方法・問い合わせ

ブロマガ購入にはFC2ID(無料)に登録していただき、クレジットカードでのお支払いまたはFC2ポイント(銀行振込等)を購入する必要があります。

FC2ID登録 FC2ポイント購入方法はこちらをご覧ください

2014年セリーグ他球団展望~ベイスターズ~

昨年最下位を脱出。
今季は補強も重ね、中畑監督の鼻息は荒い。
昨年よりもさらに攻撃力をアップさせ、Aクラスを狙いに行くがどうだろうか。

攻撃に関してはリーグでも屈指となる。
4番に昨年の二冠王ブランコ、その前後を昨シーズン後半急速に伸びた梶谷、期待の大砲筒香を配し、6番にバルディリスを置く打線。
1番の石川はムラッ気のあるタイプだがしぶとさを持ち、2番山崎で中軸へつないでいく形。
荒波の出遅れにより機動力は薄まったが、破壊力に関しては文句のつけようがない。
ただし、筒香、梶谷にはフルシーズンの経験がなく、オープン戦の結果も勘ぐればデータを集めるためとも考えられる。
どちらか片方であれば、バルディリスを上げれば済むことだが、不安がないわけではないが控えにも多村や宮崎など攻撃的な選手がいて、打撃力は厚みがありカバーは利きそうだ。
しかし守備力という意味では落ちる。
身体能力が高いとはいえ、両翼の梶本、筒香は今季コンバートされたばかり。
センターも荒波の出遅れによって、金城が開幕には入るが、全盛期の守備力を求めるのは酷だ。
そして問題は扇の要の捕手。
鶴岡を選手保障で抜かれ、正捕手は黒羽根に落ち着いたようだが、経験不足は否めない。
昨年の上位を見ても、G阿部、T藤井、C石原とキャリアのある捕手が並ぶ。
ただでさえ弱い投手陣を黒羽根、高城で乗り切れるのか?
リードだけでなく、守備の指示など勢いが落ちたときにチームを安心させる力はまだあるとは思えない。

投手力は相変わらず弱い。
それは開幕投手が三嶋というのを見てもわかる。
三浦、藤井は実績こそあるものの、伸びシロを求めるには厳しく、若手の伸びはあくまでも見込み。
そんな中で中畑監督が頼るのはタイガースから獲得した久保、そしてアメリカ帰りの尚成となる。
ただし久保という投手は実績よりも評価が高めになっているように思える。
9年で規定投球回3度、二桁は2度しかない。
フル回転したのはタイガース移籍の09年、10年のみといってもいい。
現状の期待は過度なものにも思えるだけに、中心とみることは出来ない。
そうなると相変わらずエース不在は続く先発陣となる。
後ろは山口、ソーサというところか。
新外国人のモスコーソも加わるが、やはり山口が完全復活しないと苦しさは否めない。



下の3つバナーはランキングサイトです。
「読んだよ」の合図に3つのクリック、忙しければひとつしてからのお帰りをお願いします

 ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村←この文字をクリック


blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



Template Designed by DW99