FC2ブログ

Yahooショッピング

楽天

FC2ID登録・ポイント購入方法・問い合わせ

ブロマガ購入にはFC2ID(無料)に登録していただき、クレジットカードでのお支払いまたはFC2ポイント(銀行振込等)を購入する必要があります。

FC2ID登録 FC2ポイント購入方法はこちらをご覧ください

太い薪を燃え上がらせるために小川監督が集めた枝のような薪

ブロマガ購読ページにレビュー欄が出来ました。
読んでいただいているありがたい読者様の言葉に感謝しております(仕様の変更からかレビューに返信が出来なくなったので、ここで)
購読を迷っている方は、下の文字をクリック。参考にしてください。
スワローズ観察日記R購読者レビュー

レビュー募集中!読者の方の感想を書くスペースがあります。文字数は少なくても構いません。宣伝にご協力お願いいたします^^こちらをクリック

今週の金曜日から始まるプロ野球。
その開幕戦に臨むメンバーが、まだ“内示”ではあるものの、発表された。

投手 11由規 12石山泰稚 13中尾輝 14秋吉亮 19石川雅規 28デービット・ブキャナン 37マット・カラシティー 62田川賢吾 68山中浩史 70近藤一樹 以上10名
捕手 52中村悠平 63井野卓 以上2名
内野手 1山田哲人 3西浦直亨 5川端慎吾 10荒木貴裕 33畠山和洋 36廣岡大志 51藤井亮太 56奥村展征 以上8名
外野手 4ウラディミール・バレンティン 23青木宣親 31山﨑晃大朗 42坂口智隆 50上田剛史 65田代将太郎 91鵜久森淳志 以上7名

ひと枠余らせて27名が開幕一軍として登録。
3月18日のホークスとのオープン戦で途中交代になった畠山は、今日行われたイースタン戦に出場。
「代打でも…」ということで、小川監督以下首脳陣は登録に踏み切った。
また育成枠から支配下登録に変更となった田川が中継ぎ枠で、一軍スタート。
内野ではショートスタメンが予想される廣岡、ユーティリティの奥村、外野では山﨑も初の開幕一軍を決めた。
しかし神宮開幕3連戦の先発予定の原樹理、ハフ、館山は先発試合当日に登録となることが想定されているため、まだ野手の争いは続くということになる。

この開幕一軍を見渡してみると、野手陣は青木の加入、故障から復帰の川端、畠山、オープン戦全試合フル出場と期待の高い廣岡の名前があり、野手陣の層は厚くなったように見える。
しかし投手陣は、新外国人へかかる比重が大きく、打線の強さは評価されてはいるものの、評論家の評価は低いままだ。
昨年96敗という記録的な最下位となっただけに、それも当然だろう。

昨年秋から話題になっているのは、再登板となった小川監督とOBの宮本ヘッドコーチ、連覇を果たしたカープから石井打撃コーチ、河田外野守備走塁コーチの就任。
確かに田畑投手コーチ、野口バッテリーコーチも含め、新首脳陣の下、秋季キャンプから猛練習をしてきた。
故障が多いと言われているチームながら、厳しい練習を課しながらも離脱者の数が少なかったのは評価出来る部分だ。
しかし練習は練習でしかない。
ビッグネームや指導力のあるコーチが入閣したものの、実際にプレーをするのは選手。
「雰囲気は変わった」というキャンプの取材をした評論家が口を揃えて言うものの、特に投手陣の不安が拭えたわけではない中、好評価をしないのは当然だ。
実際新首脳陣も、「すぐに強くなるとは考えていない」という言葉を口にする。
だが開幕は待ってくれない。
首脳陣からすれば、「やることはやった。あとはどれだけ伸びしろと波に乗るかに期待するしかない」というところだろう。
ただ私は期待を持つ。
その理由は小川監督の存在だ。

小川監督の再登板、宮本ヘッドコーチ就任の際、“仏の小川に鬼の宮本”という言葉がよく聞かれた。
メディアへの対応、ファンサービスを見ても、小川監督は自らも語るように「優しさ」や「温かさ」を感じさせる。
普段の小川監督は、そういう人なのだろう。
しかし一方で、ドラゴンズの元GM落合氏は、スカパーのCMだが「一番面白いのはヤクルト」と語り、その理由を“小川監督の厳しさ”と語る。

※(「たまに出るのは疲れる。カープは新井を休ませながらではなく、ファーストで使い切ればいい」開幕前に新井は故障してしまったが、台本が用意されていたような言い方ではないため、CMとはいえある程度落合氏の意見が反映されているものだと考えてよいと思う)

同じように元ドラゴンズの投手コーチで現解説者の権藤氏も、小川監督を評価していた。
2人は、普段の小川淳司ではなく、小川監督とグラウンドで戦ってきた印象を語っている。
そこに“仏の小川”の姿はない。
それは当然だろう。
小川監督にとって、メディアの人間、ファンは極端に言えば部外者だ。
試合中にベンチへ入ることがないのだから、普段の小川淳司と小川監督の違いは見えるはずもない。
もっとも勝負師としての小川監督の姿を知っているのは、ともに戦ったことがあるコーチ、選手と対峙していた他チームの首脳陣だ。
また宮本ヘッドコーチを始め、新首脳陣は厳しさを持っているかもしれないが、トップはあくまでも小川監督。
勝手にコーチ陣が・・・
<続きはブロマガで>

下の3つバナーはランキングサイトです。
「読んだよ」の合図に3つのクリック、忙しければひとつしてからのお帰りをお願いします!レビュー募集中!読者の方の感想を書くスペースがあります。文字数は少なくても構いません。宣伝にご協力お願いいたします^^こちらをクリック
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
関連記事
スポンサーサイト



Template Designed by DW99