FC2ブログ

Yahooショッピング

楽天

FC2ID登録・ポイント購入方法・問い合わせ

ブロマガ購入にはFC2ID(無料)に登録していただき、クレジットカードでのお支払いまたはFC2ポイント(銀行振込等)を購入する必要があります。

FC2ID登録 FC2ポイント購入方法はこちらをご覧ください

想い出の選手たち~#33畠山和洋~

各チームのそれぞれいる4番打者。
一発長打、ここぞでの一打…それぞれタイプはいるが、中心選手であることに変わりはない。
しかしスワローズの4番を張った男は、献身的な4番という珍しいスタイルを取った。
ノーアウトランナー1,3塁、バックホーム体制をとらない守備体形であれば、簡単にゴロを転がし、自分の打率や打点などを気にせず、チームのための1点を選んだ。
ただ一転、一発が欲しい場面では三振覚悟でヤマを張り、打ち損なうことなくスタンドへ運ぶパワーを見せた。

野武士のような風貌でありながら、名手宮本の守り方を観察し真似てファーストの守りも上手くなり、スワローズの内野陣を締める役割を担った。
練習嫌いといわれながら、晩年は少しでもチームの力になろうと、トレーニングに負荷をかけ故障を起こしてしまった。
それでも泥臭いところを見せず、ファームで汗を流し一軍を目指すしぶとさを見せた。

引退会見では笑いを誘ったが、セレモニーの挨拶では感極まった。
大胆に見えて繊細、強面でありながら心優しき主砲は、ボロボロの身体に担いだグリップのない独特のバットを置いた。
華やかな本塁打も、あえてゴロを打ちに行く姿もともに4番畠山の姿。
どちらもチームへの献身を体現していたものだ。
そんな4番がスワローズにいたことを、忘れずにいたい。
記録は単年でしか残せなかったが、チームへの愛情を言葉や普段の練習風景ではなく、打撃で見せた記憶に残る4番だった。

下の2つバナーはランキングサイトです。
「読んだよ」の合図に2つのクリック、忙しければひとつしてからのお帰りをお願いします!レビュー募集中!読者の方の感想を書くスペースがあります。文字数は少なくても構いません。宣伝にご協力お願いいたします^^こちらをクリック

 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



Template Designed by DW99